ゆにわ流メールマガジン

お名前
メールアドレス

ゆにわ流ライフスタイルを日常で実践する秘訣をお届けします。

『ホナガと千原のヤギさんラジオ』第70回に開運料理人ちこが出演!収録音声ダウンロードはこちら

人気の記事

最新の記事

光あふれる本にしなきゃね。

2015.09.04

先日、私もゲスト出演させていただいた、

”千原とホナガのヤギさんラジオ”でもお馴染みのアートディレクターの千原徹也さんが

ゆにわに来られていました。

_DC04755

(写真は、ヤギラジより。)

 

その日は、用事もあったのですが「ゆにわの料理が食べたいから行く!」と。

 

「家に帰ってきたみたいやわ。(笑)」と言いながら、すっかりなじんでいました。

(でも、くずは駅で千原さんを見ると、やっぱり浮いているんですけどね。w)

 

「東京にもゆにわがあったらなぁ。会社の周りは不健康な食べ物しかないから、

 

こういった僕らのような職業の人は食べる時間も遅いし、本当に食生活がひどくなるから。」

 

と千原さんはいつもおっしゃっています。

 

「でも、やっぱりゆにわは、ちゃんと理解している人が来てほしいから

ここなんやろなぁ。」とも。

 

 

 

 

 

IMG_20150826_184128

 

千原さん率いる、れもんらいふさんには、

新刊”神様とつながる 開運ごはん”(発行:神宮館)のデザインで大変尽力いただきました。

今回の本も、これまでの本とはまた全然違った本の役割があるので

どういったデザインにするのか、ちょっと冒険してみたくなり、

また、私がデザイン会社さんを探すことから(初めて!)、

ご縁がめぐって、れもんらいふさんまで行き着きました。

(これもいろいろとストーリーがあるので何かの機会でまた!)

 

 

元々、千原さんとは面識はなかったのですが

出版社さんの担当のスタッフさんの熱意ある交渉に加えて

私(ちこ)がどんな人なのか、千原さん自身が非常に興味を持ってくださったそうで

無茶なスケジュールだったにも関わらず、

仕事を受けていただけたことで、

素敵なデザインが加わり、私もとっても感激しています。

(そのあたりは、ヤギさんラジオでお話しているので、ぜひ聴いてみてください)

 

 

IMG_20150826_084742

 

本を作る時、

いつも、手に取った方がページを開く度、楽しみがあればいいな

とイメージしています。

 

文字を見ることすらしんどい日ってありますからね。

 

 

でも、写真を見たり、上質な紙に触れるだけならできる人は多くなるはず。

 

だから、ただ持つだけで、ただ見るだけで、元気になれたらいいなと。

 

もちろん、中身もしっかりと実践していただいたり、

 

深めていただかないと意味がないですから、

 

読んでいただくとお分かりいただけると思いますが

 

ごはんをきちんと食べることと

四季の流れに乗ることの大切さを切り口に、

浄化などについても

口腔ケアや頭皮ケアなど加えていきました。

ぜひ、ピンときたことから実践してみてください。

 

 

amazon 新刊 開運ごはん はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Tico

ちこ/開運料理人

御食事ゆにわ店長。
17歳で人生の師と出会い、開眼。
「食を変えると人生が変わる」ことを会得し、「声なき声を聞き、香りなき香りを聞く」ゆにわ流を伝授される。
大阪府枚方市樟葉に「御食事ゆにわ」をオープン。身体に良い自然食品をベースに塩、水、米を厳選し、祈りを捧げながらごはんを作るという独自のスタイルと共に、そのライフスタイルが反響を呼びテレビやラジオに数多く出演。「ごはんを食べてたら開運できた!」と全国から予約が殺到している。また、食の講座なども行い、食事の大切さを説いている。 既刊に『いのちのごはん』『きずなのごはん』(共に青春出版)『運を呼び込む 神様ごはん』(サンクチュアリ出版)などがある。
(御食事ゆにわ、べじらーめんゆにわ、茶肆ゆにわ、社員食堂ゆにわは、グレイトティーチャー株式会社の飲食部門です。)

続きを読む

開運料理人ちこ

光あふれる本にしなきゃね。

2015.09.04 03:16:44

先日、私もゲスト出演させていただいた、

”千原とホナガのヤギさんラジオ”でもお馴染みのアートディレクターの千原徹也さんが

ゆにわに来られていました。

_DC04755

(写真は、ヤギラジより。)

 

その日は、用事もあったのですが「ゆにわの料理が食べたいから行く!」と。

 

「家に帰ってきたみたいやわ。(笑)」と言いながら、すっかりなじんでいました。

(でも、くずは駅で千原さんを見ると、やっぱり浮いているんですけどね。w)

 

「東京にもゆにわがあったらなぁ。会社の周りは不健康な食べ物しかないから、

 

こういった僕らのような職業の人は食べる時間も遅いし、本当に食生活がひどくなるから。」

 

と千原さんはいつもおっしゃっています。

 

「でも、やっぱりゆにわは、ちゃんと理解している人が来てほしいから

ここなんやろなぁ。」とも。

 

 

 

 

 

IMG_20150826_184128

 

千原さん率いる、れもんらいふさんには、

新刊”神様とつながる 開運ごはん”(発行:神宮館)のデザインで大変尽力いただきました。

今回の本も、これまでの本とはまた全然違った本の役割があるので

どういったデザインにするのか、ちょっと冒険してみたくなり、

また、私がデザイン会社さんを探すことから(初めて!)、

ご縁がめぐって、れもんらいふさんまで行き着きました。

(これもいろいろとストーリーがあるので何かの機会でまた!)

 

 

元々、千原さんとは面識はなかったのですが

出版社さんの担当のスタッフさんの熱意ある交渉に加えて

私(ちこ)がどんな人なのか、千原さん自身が非常に興味を持ってくださったそうで

無茶なスケジュールだったにも関わらず、

仕事を受けていただけたことで、

素敵なデザインが加わり、私もとっても感激しています。

(そのあたりは、ヤギさんラジオでお話しているので、ぜひ聴いてみてください)

 

 

IMG_20150826_084742

 

本を作る時、

いつも、手に取った方がページを開く度、楽しみがあればいいな

とイメージしています。

 

文字を見ることすらしんどい日ってありますからね。

 

 

でも、写真を見たり、上質な紙に触れるだけならできる人は多くなるはず。

 

だから、ただ持つだけで、ただ見るだけで、元気になれたらいいなと。

 

もちろん、中身もしっかりと実践していただいたり、

 

深めていただかないと意味がないですから、

 

読んでいただくとお分かりいただけると思いますが

 

ごはんをきちんと食べることと

四季の流れに乗ることの大切さを切り口に、

浄化などについても

口腔ケアや頭皮ケアなど加えていきました。

ぜひ、ピンときたことから実践してみてください。

 

 

amazon 新刊 開運ごはん はこちら。

ゆにわ流メールマガジン

ゆにわ流ライフスタイルを
日常で実践する秘訣をお届けします。

お名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ちこ/開運料理人

御食事ゆにわ店長。17歳で人生の師と出会い、開眼。
「食を変えると人生が変わる」ことを会得し、「声なき声を聞き、香りなき香りを聞く」ゆにわ流を伝授される。
大阪府枚方市樟葉に「御食事ゆにわ」をオープン。
身体に良い自然食品をベースに塩、水、米を厳選し、祈りを捧げながらごはんを作るという独自のスタイルと共に、そのライフスタイルが反響を呼びテレビやラジオに数多く出演。 「ごはんを食べてたら開運できた!」と全国から予約が殺到している。
また、食の講座なども行い、食事の大切さを説いている。
既刊に『いのちのごはん』『きずなのごはん』(共に青春出版)『運を呼び込む 神様ごはん』(サンクチュアリ出版)などがある。
(御食事ゆにわ、べじらーめんゆにわ、茶肆ゆにわ、社員食堂ゆにわは、グレイトティーチャー株式会社の飲食部門です。)