ゆにわ流メールマガジン

お名前
メールアドレス

ゆにわ流ライフスタイルを日常で実践する秘訣をお届けします。

『ホナガと千原のヤギさんラジオ』第70回に開運料理人ちこが出演!収録音声ダウンロードはこちら

人気の記事

最新の記事

京都綾部ゆにわ合宿2018秋『新嘗祭(にいなめさい)』@美味しいごはんスクール

2018.11.04

美味しいごはんスクール
京都綾部ゆにわ合宿2018秋
『 新嘗祭(にいなめさい)』
〜生き方、はたらき方を見つける〜

 

みなさん、こんにちは。ちこです。

先日、11月1日は御食事ゆにわの誕生日でした。

12歳です。ひとまわり。干支もぐるり。

振り返る暇もなく
ただただ今に感謝するばかりです。



***

 

で、ですね。

ちょうどその日にお手紙が3通。

1通は、インスタとFBで紹介させていただきました。
でも実は他の2通ともに、共通する内容が書かれていたのです。(!)

 

 

(メールやラインといったものが便利になったこの時代に
丁寧にお手紙を書いてくださる。それだけでもほんとうにありがたく感じます。
ありがとうございます。)

 

 

1通目。すでに、ご紹介していた内容はこちら


 

2通目もすこしだけ内容は割愛させていただいていますが

以下、紹介させていただきます。

 

 

“ゆにわ村のみなさんへ

私は先日御食事ゆにわ、ゆにわマート、茶しゆにわを伺った●●と申します。

感謝の心を伝えたいと思い、手紙を書きました。





色々なことで心が迷っていた時、

書籍「美味しいごはん」が目にとまり、購入しました。

そして、実際に伺ってみたいと思い、予約を取り、ごはんを食べさせていただきました。

私が一番嬉しかったのは、どのスタッフの方も、
私の幸せを願ってくれているのだろうなと感じたことでした。

理屈では話せませんが、「自分のことを受け入れ、大切にしてくれている」

そうした気持ちが心に広がっていました。

そして、スタッフの誰もが前向きな心で生きていることも強く感じました。

明るさだったり、優しさだったり、一生懸命だったり、ひたむきだったり。

裏表のない心で生きる、それがゆにわ村なのだと感動していました。

私事になりますが、
いまは事があって、これからの生き方に迷いを持っています。

果たしてどんな道を選ぶのか。

 

そんな中で

「人の幸せを願って生きる」

というゆにわ村の生き方は素晴らしいと思いました。

 

また、その志を持ち続け、諦めず、
生き続けてきたとは並大抵のことではなかったのだろうなと感服します。

書籍「美味しいごはん」に書かれたことばをお借りすると

わたしも“当事者”になろうと思います。

正直、具体的なことはなにひとつ決まっていません。

なので、掃除だったり、ごはんを丁寧に頂く、この二つから始めようと思います。

また、11月23、24日開かれる「ゆにわの新嘗祭」に参加させていただきます。

色々なことを学び、生きることに生かしていければと思います。

 

 

改め、ゆにわの皆様へ。

優しい心をわたしの中へ注いで頂き、

本当にありがとうございました。

また伺わせていただきます。”

(ここまで)

 

お手紙の内容が共通している、と感じたことは

【どんな生き方をしたいのか】【どんな仕事をしたいのか】

これに迷っていたり、考えていたりしているということ。

 

そして、

ゆにわに来てくださったこと

食事を食べてくださったこと

スタッフと接してくださったことによって
“なんらかの答え”を見出したということ。
わたしたちにとっては

ごくごく当たり前の日常の生き方、働き方をしているつもりで

みなさんをお迎えさせていただいています。
でも、

はじめっからそうだった、なーんてわけはなくて。

同じように迷いまくって、転んで、起き上がって
また転んで、わからなくて、泣いて、叫んで、止まって。
わたしの結論は
「わたしを雇ってくれるところなんて、あるわけがない。」
ですからね。(笑)
人生に対して、仕事に対して、

ほんとうにネガティヴにしか考えられなかった時期があるんです。
「だれか見本となるような人、先生がいてほしい。」
と本気で願いました。

 

でも、見当たらず。
いっぱいいっぱいになって、
どうしたらいいのかわからなくて
兄に泣きついて。

 

そこから兄に連れていってもらった大学受験塾で
わたしが求めていた“先生”と出逢うことができました。

 

はい、はっきりいって奇跡です。
でも、ぜったいに出逢うべくして出逢わせていただいたんだ!
と思っています。

 

先生から教わった生き方をわたしたちはゆにわで

人生を通して、仕事を通してさせていただいています。

 

 

これをね、
じっくり味わっていただけるようにしてもらいたいと
思ったら、やっぱり寝食をともにするのが一番早いんです。
ゆっくりとゆるんで

息づかいを感じていく。
そういう場所、時間を作りたくて、
京都綾部ゆにわを3年がかりで作りました。



わたしは
「人生をかけて、食べ方、生き方を伝えていく」
と決めたから。



1泊2日かけて、じっくりとからだに染み込ませることができるのは

この綾部ゆにわでのイベントだけです。

 

わたしも、通常はお店があるので

なかなか長い時間お話できることは少ないのですが

この日は完全に綾部に隔離されていますからね。(笑)

もう、存分にみなさんといっしょに過ごさせて頂きます。

(もちろん、好きに寝てもらってもオッケーです。)



見所というかポイントとなるのは

どんな生き方がしたいのか、どんな仕事をしたいのかということを

わたしだけではなく、まわりのスタッフも

見つけて、生活に落とし込んでいるということかなと思います。


いっしょにお話したり



ごはんを食べたり

夜空を眺めたり

眠たくなるまでお茶をしたり・・・
ゆにわの店舗では味わえないものがここには詰め込まれています。



プラス、というか、これがメインテーマではあるのですが
“新嘗祭(にいなめさい)”という

その年にとれた新米をいただくというイベントもかねています。
綾部ゆにわのおくどさんで
わたしたちが今年埼玉県で田植えや収穫をしてきた

お米をピッキングして、

炊かせていただくのを目の前で見てもらい

いっしょにいただきます。


「人生観が変わった」

ということがあっさり起きてしまう。
ぜひいっしょにおなじ時間を過ごしませんか?♡

 

今回も、

映画美味しいごはん

ゼネラルプロデューサーの小田さんといっしょ

ナビゲートさせていただきます。



詳細はこちら。
https://oishi-gohan.com/niinamesai/

 

お待ちしています(^_^)

*******

書籍『美味しいごはん』好評発売中!
https://goo.gl/RM3Amc

映画『美味しいごはん』自主上映説明会
11月11日(日)@大阪
https://oishi-gohan.com/screening/briefing/osaka-kuzuha/
11月28日(水)@東京
https://oishi-gohan.com/screening/briefing/tokyo-shirogane/

********

【まぼろしのディナー】


  • 11月5日(月)
  • 11月6日(火)
  • 11月16日(金)
  • 12月21日(金)
  • 12月22日(土)
  • 12月23日(日)
  • 12月24日(月)
ご予約はこちら

 

【ゆにわの赤飯】

運気の切り替わる1日。

おめでたい赤飯を食べてお祝いしましょう!

こちらのフォームからお申込みください。



 

【鑑賞会主催はこちらから】

上映会を主催したい方はこちらから。


*****************************

【映画公開!】

映画鑑賞会をしてくださる方を中心に全国上映中。
全国の上映会日程はこちらから。

*****************************

映画サイト

映画FBページ

御食事ゆにわHP

御食事ゆにわFBページ

ちこオフィシャルサイト

*****************************

【書籍】
美味しいごはん
暮らしとごはんを整える。
いのちのごはん〈新装版〉
福ふくごはん (TJMOOK)
運気を上げる ごはんのひみつ
神様とつながる 開運ごはん
運を呼び込む 神様ごはん
きずなのごはん
いのちのごはん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Tico

ちこ/開運料理人

御食事ゆにわ店長。
17歳で人生の師と出会い、開眼。
「食を変えると人生が変わる」ことを会得し、「声なき声を聞き、香りなき香りを聞く」ゆにわ流を伝授される。
大阪府枚方市樟葉に「御食事ゆにわ」をオープン。身体に良い自然食品をベースに塩、水、米を厳選し、祈りを捧げながらごはんを作るという独自のスタイルと共に、そのライフスタイルが反響を呼びテレビやラジオに数多く出演。「ごはんを食べてたら開運できた!」と全国から予約が殺到している。また、食の講座なども行い、食事の大切さを説いている。 既刊に『いのちのごはん』『きずなのごはん』(共に青春出版)『運を呼び込む 神様ごはん』(サンクチュアリ出版)などがある。
(御食事ゆにわ、べじらーめんゆにわ、茶肆ゆにわ、社員食堂ゆにわは、グレイトティーチャー株式会社の飲食部門です。)

続きを読む

開運料理人ちこ

京都綾部ゆにわ合宿2018秋『新嘗祭(にいなめさい)』@美味しいごはんスクール

2018.11.04 05:32:00

美味しいごはんスクール
京都綾部ゆにわ合宿2018秋
『 新嘗祭(にいなめさい)』
〜生き方、はたらき方を見つける〜

 

みなさん、こんにちは。ちこです。

先日、11月1日は御食事ゆにわの誕生日でした。

12歳です。ひとまわり。干支もぐるり。

振り返る暇もなく
ただただ今に感謝するばかりです。



***

 

で、ですね。

ちょうどその日にお手紙が3通。

1通は、インスタとFBで紹介させていただきました。
でも実は他の2通ともに、共通する内容が書かれていたのです。(!)

 

 

(メールやラインといったものが便利になったこの時代に
丁寧にお手紙を書いてくださる。それだけでもほんとうにありがたく感じます。
ありがとうございます。)

 

 

1通目。すでに、ご紹介していた内容はこちら


 

2通目もすこしだけ内容は割愛させていただいていますが

以下、紹介させていただきます。

 

 

“ゆにわ村のみなさんへ

私は先日御食事ゆにわ、ゆにわマート、茶しゆにわを伺った●●と申します。

感謝の心を伝えたいと思い、手紙を書きました。





色々なことで心が迷っていた時、

書籍「美味しいごはん」が目にとまり、購入しました。

そして、実際に伺ってみたいと思い、予約を取り、ごはんを食べさせていただきました。

私が一番嬉しかったのは、どのスタッフの方も、
私の幸せを願ってくれているのだろうなと感じたことでした。

理屈では話せませんが、「自分のことを受け入れ、大切にしてくれている」

そうした気持ちが心に広がっていました。

そして、スタッフの誰もが前向きな心で生きていることも強く感じました。

明るさだったり、優しさだったり、一生懸命だったり、ひたむきだったり。

裏表のない心で生きる、それがゆにわ村なのだと感動していました。

私事になりますが、
いまは事があって、これからの生き方に迷いを持っています。

果たしてどんな道を選ぶのか。

 

そんな中で

「人の幸せを願って生きる」

というゆにわ村の生き方は素晴らしいと思いました。

 

また、その志を持ち続け、諦めず、
生き続けてきたとは並大抵のことではなかったのだろうなと感服します。

書籍「美味しいごはん」に書かれたことばをお借りすると

わたしも“当事者”になろうと思います。

正直、具体的なことはなにひとつ決まっていません。

なので、掃除だったり、ごはんを丁寧に頂く、この二つから始めようと思います。

また、11月23、24日開かれる「ゆにわの新嘗祭」に参加させていただきます。

色々なことを学び、生きることに生かしていければと思います。

 

 

改め、ゆにわの皆様へ。

優しい心をわたしの中へ注いで頂き、

本当にありがとうございました。

また伺わせていただきます。”

(ここまで)

 

お手紙の内容が共通している、と感じたことは

【どんな生き方をしたいのか】【どんな仕事をしたいのか】

これに迷っていたり、考えていたりしているということ。

 

そして、

ゆにわに来てくださったこと

食事を食べてくださったこと

スタッフと接してくださったことによって
“なんらかの答え”を見出したということ。
わたしたちにとっては

ごくごく当たり前の日常の生き方、働き方をしているつもりで

みなさんをお迎えさせていただいています。
でも、

はじめっからそうだった、なーんてわけはなくて。

同じように迷いまくって、転んで、起き上がって
また転んで、わからなくて、泣いて、叫んで、止まって。
わたしの結論は
「わたしを雇ってくれるところなんて、あるわけがない。」
ですからね。(笑)
人生に対して、仕事に対して、

ほんとうにネガティヴにしか考えられなかった時期があるんです。
「だれか見本となるような人、先生がいてほしい。」
と本気で願いました。

 

でも、見当たらず。
いっぱいいっぱいになって、
どうしたらいいのかわからなくて
兄に泣きついて。

 

そこから兄に連れていってもらった大学受験塾で
わたしが求めていた“先生”と出逢うことができました。

 

はい、はっきりいって奇跡です。
でも、ぜったいに出逢うべくして出逢わせていただいたんだ!
と思っています。

 

先生から教わった生き方をわたしたちはゆにわで

人生を通して、仕事を通してさせていただいています。

 

 

これをね、
じっくり味わっていただけるようにしてもらいたいと
思ったら、やっぱり寝食をともにするのが一番早いんです。
ゆっくりとゆるんで

息づかいを感じていく。
そういう場所、時間を作りたくて、
京都綾部ゆにわを3年がかりで作りました。



わたしは
「人生をかけて、食べ方、生き方を伝えていく」
と決めたから。



1泊2日かけて、じっくりとからだに染み込ませることができるのは

この綾部ゆにわでのイベントだけです。

 

わたしも、通常はお店があるので

なかなか長い時間お話できることは少ないのですが

この日は完全に綾部に隔離されていますからね。(笑)

もう、存分にみなさんといっしょに過ごさせて頂きます。

(もちろん、好きに寝てもらってもオッケーです。)



見所というかポイントとなるのは

どんな生き方がしたいのか、どんな仕事をしたいのかということを

わたしだけではなく、まわりのスタッフも

見つけて、生活に落とし込んでいるということかなと思います。


いっしょにお話したり



ごはんを食べたり

夜空を眺めたり

眠たくなるまでお茶をしたり・・・
ゆにわの店舗では味わえないものがここには詰め込まれています。



プラス、というか、これがメインテーマではあるのですが
“新嘗祭(にいなめさい)”という

その年にとれた新米をいただくというイベントもかねています。
綾部ゆにわのおくどさんで
わたしたちが今年埼玉県で田植えや収穫をしてきた

お米をピッキングして、

炊かせていただくのを目の前で見てもらい

いっしょにいただきます。


「人生観が変わった」

ということがあっさり起きてしまう。
ぜひいっしょにおなじ時間を過ごしませんか?♡

 

今回も、

映画美味しいごはん

ゼネラルプロデューサーの小田さんといっしょ

ナビゲートさせていただきます。



詳細はこちら。
https://oishi-gohan.com/niinamesai/

 

お待ちしています(^_^)

*******

書籍『美味しいごはん』好評発売中!
https://goo.gl/RM3Amc

映画『美味しいごはん』自主上映説明会
11月11日(日)@大阪
https://oishi-gohan.com/screening/briefing/osaka-kuzuha/
11月28日(水)@東京
https://oishi-gohan.com/screening/briefing/tokyo-shirogane/

********

【まぼろしのディナー】


  • 11月5日(月)
  • 11月6日(火)
  • 11月16日(金)
  • 12月21日(金)
  • 12月22日(土)
  • 12月23日(日)
  • 12月24日(月)
ご予約はこちら

 

【ゆにわの赤飯】

運気の切り替わる1日。

おめでたい赤飯を食べてお祝いしましょう!

こちらのフォームからお申込みください。



 

【鑑賞会主催はこちらから】

上映会を主催したい方はこちらから。


*****************************

【映画公開!】

映画鑑賞会をしてくださる方を中心に全国上映中。
全国の上映会日程はこちらから。

*****************************

映画サイト

映画FBページ

御食事ゆにわHP

御食事ゆにわFBページ

ちこオフィシャルサイト

*****************************

【書籍】
美味しいごはん
暮らしとごはんを整える。
いのちのごはん〈新装版〉
福ふくごはん (TJMOOK)
運気を上げる ごはんのひみつ
神様とつながる 開運ごはん
運を呼び込む 神様ごはん
きずなのごはん
いのちのごはん

ゆにわ流メールマガジン

ゆにわ流ライフスタイルを
日常で実践する秘訣をお届けします。

お名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ちこ/開運料理人

御食事ゆにわ店長。17歳で人生の師と出会い、開眼。
「食を変えると人生が変わる」ことを会得し、「声なき声を聞き、香りなき香りを聞く」ゆにわ流を伝授される。
大阪府枚方市樟葉に「御食事ゆにわ」をオープン。
身体に良い自然食品をベースに塩、水、米を厳選し、祈りを捧げながらごはんを作るという独自のスタイルと共に、そのライフスタイルが反響を呼びテレビやラジオに数多く出演。 「ごはんを食べてたら開運できた!」と全国から予約が殺到している。
また、食の講座なども行い、食事の大切さを説いている。
既刊に『いのちのごはん』『きずなのごはん』(共に青春出版)『運を呼び込む 神様ごはん』(サンクチュアリ出版)などがある。
(御食事ゆにわ、べじらーめんゆにわ、茶肆ゆにわ、社員食堂ゆにわは、グレイトティーチャー株式会社の飲食部門です。)